Wednesday, 3 May 2017

犬に助けられる 









忙しくなって、更新が途絶えていますが、みんな元気です!






犬さんには大変迷惑を掛けてしまっている。
留守番も多くなったり、預かりに出したり。


祝日だった月曜日は一日ゆっくりできたので、たっぷり散歩に出かけようと張り切っていたのに、マイからストップ。もう帰ると。車にも乗りたくないと。

それでソファでウトウトしていたら、マイもソファに上がってきて、イビキをかき始めた。

そんなに疲れているのか?散歩は少なめになっていたのに、、、。


一日人間と一緒になって、ぐだーっと眠っていたのでした。



そこで思ったのは、犬は犬なりに、なんというか、飼い主が大変そうだと察知して、自分も頑張ってしまうんではないかと。


私が子供の頃、両親は共働きで、常にばたばたの毎日だった。
そこにちょっとした問題が生じるだけで、日常のリズムが一気に狂って、修羅場になる。

子供だから、詳しいことは分からないままも、「なんかマズいぞ。」と感づいて、「自分が失敗したらもっとマズいことになるかも」なんて、はっきりとは思わなかったにしろ、ちょっと緊張していた気がする。

親は、子供には迷惑をかけたくないと思っていたんだろうけど、子供だって気づく。

それに、不憫だなんて思ったことはなく、山を越えたとき、「自分も一緒に頑張った!」みたいな自信がついたり(自分は何もしてないけど。)、ちょっと大人になったような気がした。


そしてやっぱり、休日は親と一緒にだらーっと家で過ごしたかった。




Danke, Mai. Du bist die beste!


全て私の勝手な解釈なんだけど、

なんか一緒に頑張ってくれている家族の一員のような気がしてなりません。









にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ







4 comments:

  1. 人間が勝手に犬の心を 人間の都合の良いように解釈し 自分の心を穏やかにしようとする傾向は確かにあるかと思います。
    私なんて日本一時帰国で長く離れても 「犬は私が戻る事を信じ待っている」って思ってるし。
    でも 飼い主の心を犬が感じるって事は絶対ありますから 人間側の解釈は全て間違っているとも言えませんね。
    そして人間も犬の心を感じ取ってあげるって事で お互いのバランスが取れるんじゃないかな~って。
    なんだか わけわからないコメントになってしまう すみません。

    4か月半のリード付き規制は辛いですね!

    ReplyDelete
    Replies
    1. コメントありがとうございます!
      そうですねー私もよく考えすぎて、当の犬は全然気にしてない(自分の道を行く)ということ、よくあります(^^;)
      私も日本に帰省の時は、そんなこと思うんですが、留守番してくれる相方によると、2、3日で切り替えて、私のいない生活を受け入れているみたいです。ちょっと悲しいですが、それくらい自立してくれるというのも頼もしいものです!

      うちは、どのみち引きずりリードをつけているので、そんなに窮屈には感じないのですが、ある地域では、リードの長さも規制しているところもあるみたいです。

      Delete
  2. マイちゃん、散歩拒否ってすごい。
    家族というか、仲間というか、精神的なところでシンクしているって素敵~。

    ソファで昼寝している時に、側に来て一緒に寝てくれると気持ちいですよね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. コメントありがとうございます!
      散歩拒否、たまにするんですよー。こんな犬、初めてです(^^;)
      今日もザーザー降りの雨なんですが、さっさと用を済ますと、私の膝をつんと鼻でついて、来た方向にしっぽふって走り出します(家まで)。。。

      一緒に寝るのが好きなのか、預かり先でもトレーナーさんと一緒に添い寝するそうです。彼女も100頭くらい犬は預かってきていますが、こんなにぴったり寄り添ってくる犬は初めてだそうです!

      Delete